FlaDama

フラットフィッシュとたまにショアジギ

【ルアーインプレ】 バディワークス フラッグヘッド&フラッググラブ

f:id:flatflafla:20200603203952j:plain

ストップ&ゴー 巻き始めにて

全ワーム&ジグヘッド中最高傑作』個人の意見です

 

正直、このジグヘッドとワームが全てのルアーの中で1番好きと言えるかもしれません。

目立った欠点が特に見つかりませんし、最近の釣果はこの組み合わせが圧倒的に群を抜いています

飛距離をそこまで出す必要がない漁港や堤防であれば、これに始まりこれに終わるほど惚れています。

もうなんか好きすぎて欠点が見つかりませんがなんとか捻り出します。恋は盲目

 

 

☆フラッグヘッド メリット

 

 ワームに刺して固定する、2センチ弱のワイヤー製ワームキーパーが伸びていますが固定力は抜群です。

 フラットフィッシュは根回りを攻めたり、それでなくてもボトムを取らないと基本的には話にならないので、ちょっとした岩に当たったり、着底させてからの巻き始めで海藻や泥で重くなった場合、臭いなと思ったら鬼アワセしてしまうこともありますよね。

 鬼アワセの空振りを繰り返せば(なんなら一発で...)ワームがズレたり、外れたり...

 こういうことって、なぜか良いルアーばかり起きるんですよね。

 多分、ワームを固定すれば固定するほどトラブルが起きにくくなる代わりに、動きの良さを失ってるんでしょう。

 でもこのヘッド全くズレない、なぜなら、負荷がかかるのがワームキーパーだけではないから

f:id:flatflafla:20200603211101j:plain

サビが出ていてちょっとお見苦しいですが、勘弁してください...

 注目すべきはこの下の構造。

 フックアイは1つしかないのに、サルカンで伸ばしてフック2つ着けるって...

 最初に考えた人、天才では?

 この構造によって、ワームの自由度と固定力が両立されてますよね。

 ワームキーパーで固定して、フックを2つ(2本)刺す。

 こうすることによって、ワームキーパーの中心に線での固定を、フックを斜め下から差す点の固定によって、更に強化&右へのズレへの補強になってます。

 ワームが動くとき、フック2本が加える力はワームが引っ張られるときにしか働かず、加える力も最低限中の最低限でワームの動きを損なわないし、ワームをいたずらに傷付けることもない。

 最高...すき...

 ワームを付け替えるのも、シングルフックに刺して抜くタイプに比べれば、着ける時間がずっと少なく簡単で、失敗もしにくい。

 すき...はぁ...

 

 

☆フラッググラブ メリット

 

 ワームがよく動くことはフラッグヘッドの欄で説明してしまいましたね...愛ゆえに止まらない

 なので、ワームの動きについて語ります。

 フラッググラブは、一般的なワームに比べれば、丸みとサイズがありムッチムチでドスケベボディです。

 ゆらゆらと艶めかしくロングスカートテールを靡かせ、男をフラットフィッシュを誘います。

 リーリング中もフォール中もテールは常に動き続けていて魚に警戒心を与えにくく、活性が低い魚にも有効。

 マテリアルは傷付きにくい弾力と喰い込みがいい柔らかさをギリギリのラインで保っていて、相当練られて作られたであろうことが想像できる仕上がり。

f:id:flatflafla:20200604085346j:plain

日を空けてマゴチを2匹釣ったワーム

 1度目にマゴチを釣り上げたときは特にキズも目立たず、2度目に釣り上げたときにこのキズができたようですが、それは最初のとっかかりに当たる浅いキズで、空振りフッキングやキャスト時にだんだん裂けて広がって行ったようです。

 釣行回数にして5回以上持ちましたが、裂けた部分で水を受けて動きが悪くなってしまうので交換ですね。

 

 

★フラッグヘッド&フラッググラブ デメリット

 

 前はともかく後ろのフックはサルカンで伸ばされている分、自由度が高くバレにくいのですが丸呑みされたときに非常に外し辛い。

 この構造でなければ生み出せないバイトの深さとバレにくさを引き換えに、手返しの早さを失っています。

 

 ...これくらいしか思い浮かばない。

 

 

 ○総括

 非常に完成度が高く実績もあるルアー

 サーフから漁港まで幅広く使えて汎用性もいい。

 ただ、1匹ヒットさせた場合、フックを外すのに手間取って時合を逃す可能性もある。

 

紹介したルアー↓

 

 

 

追記 交換用のサルカンについて

 私もネットで探しても情報が見つからず困ってましたが、サルカンは5号を使えば間違いないです。

 実際に使っているおすすめを貼っておきますね。

※押すとAmazonに飛びます

 

 

あわせて読みたい

fladama.info