FlaDama

フラットフィッシュとたまにショアジギ

【初心者向け】ヒラメやマゴチを釣る前に リール編

フラットフィッシュ!

 

f:id:flatflafla:20200601091209j:plain

ヒラメ

f:id:flatflafla:20200601091238j:plain

マゴチ

上がヒラメ 下がマゴチ

 

この2匹が、フラットフィッシュゲームの主なターゲットです。

 

「釣りはやったことあるよ!ルアーは触ったこともないけど...」という方、おぉ...と思いませんでしたか?

60cmあるかないか程度のフラットフィッシュは、アングラーにとってはそこそこ良型という認識ですが、私は初めて釣った時ちょっと怖かったです。

 

だって、生きてる魚の生命感って凄いんですよ。

 

写真では伝わりくいですが、これぐらいのサイズを初めて釣ると、糸が切れないか竿が折れないかって不安と興奮で心臓がバクバクしますし、釣りあげても堤防や砂浜でビッタンビッタン暴れまくりです。

 

私が初めて釣った大型魚はマゴチでしたが、手に持った時の力強さへの恐怖と生命感への感動、やってやったぞ!っていう充実感や満足感なんかが入り混じってちょっと泣きそうになってました。大袈裟

 

思い返せばそれを機に、釣りへとのめり込んでいったんだと思います。

 

どこまでも続く海に胸を借りて、心から楽しいと思えることに寝食を忘れて没頭する。

 

そんな経験がこれまでに一度もなかったので、それ以来、私の中で釣りという趣味は家族と同じくらい大きく大切なものになっています。

そんな私が、心から大好きなフラットフィッシュゲームを🔰初心者向けに、この記事では解説していきます。

 

フラットフィッシュとは?

 

 ヒラメマゴチ、カレイなどの平べったい魚のこと。

 ここで言うフラットフィッシュとはルアーで釣れるヒラメとマゴチのことです。

 ヒラメは約1メートルまで、マゴチは約80センチまで成長します。(このサイズのヒラメは海中で会うと絶対怖い)

 

 

リールの種類

 リールを大まかに分けるとスピニングリールベイトリール

 大体の釣りはこれで成り立ちますが、より釣種を限定する場合はこの二つ以外のリールを使用することもあります。

 

 

スピニングリール

  • 淡水から海水、小型魚から大型魚まで、あらゆる釣りに使われる。
  • ベイトリールに比べれば比較的、構造が簡単でメンテナンスがしやすい。 
  • スプールが固定されていて、ラインが自然と放出されるのでライン関係のトラブルが少なく、初心者にも扱いやすい。
  • 初めてのフラットフィッシュゲームであれば、こちらが断然オススメ。

 

ベイトリール

  • 淡水ではバス釣り、海水では船釣りで使用されることが多い。 
  • スピニングリールと同じく汎用性がなくはないが、スプールが回転してラインを放出する関係でバックラッシュ(リール内で糸がぐちゃぐちゃになること)が起きやすい。
  • 上記のバックラッシュが更に起きやすい、ハンドルを回転させて巻き取れるラインの量が少ないので、ロングキャスト(ルアーを思いっきり飛ばす)が多い陸の海釣りではあまり利用されない。
  • 糸を巻き取る力が強いので、海水の釣りでも、釣り場に自然と根(沈んだ岩や木)が多くなるロックフィッシュ(アイナメカサゴなどの岩礁帯を好む魚)などでは好んで使う人も多い。
  • 初めてのフラットフィッシュゲームではあまりオススメはできない。

 

スピニングリールの選び方(糸巻き量) 

 釣りたい魚に合わせた強さと長さのラインが巻けるリールを選ぶだけです

 一つ一つ挙げていくとキリがない上に、餌釣りの中でもルアーの中でも細かく分けられているので、下の方でフラットフィッシュ用にオススメな号数とリールだけ紹介します。

 

リール型番の読み方

 下の方で紹介するレブロスを例に出すと、20 レブロス LT 4000-CH

 こうなっていますが、20とは販売を開始した年数つまり2020年の略です。

 レブロスはリールの名前、LTはダイワ独自のLight&Toughコンセプトの略称なのでダイワ以外のリールにはありません。

 リールの型番は1番後ろの 4000-CH ここで判断します。

 4000はスプール(糸を巻くところ)の大きさ、Cはコンパクト(小さい)、Hはハイギア。

 これがかなり複雑、メーカーどころか同じメーカー内でも差があるので、買う予定のリールをメーカーのホームページで糸巻き量やギア比を確認してから買った方が絶対にいいです。

 釣りに慣れてくるとリールのスペックを見てるだけでも楽しいですよ。ハイエンド機種を見て買った気になってニヤニヤするのが私の中で流行りです。笑

 

スピニングリールの選び方(ギア比)

 ギア比とは、ハンドルをグルっと一回転させた時、リールがラインをどれくらい巻き取るかの指標になるものです。

 これまた釣りたい魚によって千差万別なので、ここでは一般的なルアー釣りで選ばれやすいギア比を解説します。

 ルアー釣りにおいてはハイギア(ラインをたくさん巻き取る)が一般的です。

 餌釣りとは違い、ルアーもラインもリールも止まっている時間がほとんどなく、常にリールを巻き続けるため、それを少しでも楽にしようといった感じです。

 100mルアーを投げたとすれば、ハンドル一回転で1m巻き取るリールと50cm巻き取るリールではハンドルを回転させる回数が2倍になりますよね。

 これが後者だと意外としんどいし、ルアー釣り全体で見るとローギアを選んでまでルアーを遅く動かす必要がない。

 ナイトゲームでは遅いルアーに反応がいいとか、ローギアの方が巻き取りに強さがあるとか、どんなギア比にも長所はありますが...

 ルアー釣りをやりたい初心者はハイギア軸に買うリールを選びましょう。

 

フラットフィッシュにオススメな糸巻き量

 糸巻き量はPEライン1号~1.5号程度、この辺りのラインを200mは巻けるリールを選びましょう。

 ヒラメやマゴチは青物(ブリやカンパチ)に比べれば比較的走りませんが、当然大きくなればなるほど重く、魚の引きも強くなります。

 なので、PEラインの強さは最低でも1号、太すぎても弊害があるので最大でも2号までにしておきましょう。

 ただ、フィールドによっては強引に巻き取らなければいけなかったり、大型の青物が混じったりする場合もあるので、この辺りは釣りをしようと思っている近場の釣具屋さんで、具体的なことを聞いた方が確実です。

 おすすめはPE1.5号、青物がかかってもある程度安心でショアから釣れる大体の中大型魚に対応できます。

 

 おすすめライン

※画像を押すとAmazonに飛びます。

 

 

フラットフィッシュにおすすめなギア比

 ハイギアです。

 ヒラメはマゴチを狙う場合、とにかく飛距離を出すのが定石なので、私的に巻き取り量が少なく、ルアーの回収が遅いローギアのリールを選ぶ必要性がそこまで感じられません。

 巻き取りの強さに関しても上で説明しましたが、あれは根に潜られる(ルアーにかかった魚が岩などに入る)ことが多かったり、パワーで対抗しなければいけない魚の話なので、ヒラメやマゴチにはハイギアのパワーで充分です。

 

 

 

 

初心者向けおすすめリール

ダイワ(DAIWA) 20 レブロス LT 4000-CH

 

※画像を押すとAmazonに飛びます。

現在の価格が8千円を切っていて、PE1.5号が200m巻けてハンドル一回転あたりの巻き取り長が約90cmと、私が考えるフラットフィッシュ用リールの理想スペックにドンピシャです。

レブロスの前モデルは私も愛用していましたし、昔からルアー初心者用のリールとして非常に評価が高く信用度が高いシリーズです。

 

 

あわせて読みたい

fladama.info

 

fladama.info