FlaDama

フラットフィッシュとたまにショアジギ

デイゲームで食わないボイルが起きているときに試したいこと

単発ボイルと言えばシーバスですがこれが青物だったり真鯛だったりすることもありますよね。

今回はフラットフィッシュから外れて食わないボイルの攻略法についてお話したいと思います。

 

 

目次

 

 

メタルバイブレーションで表層早巻き

 シーバスにおいても一般的な狙い方ですが、ボイルの正体がシーバスではなく青物や真鯛であっても食ってきます。

 メタルバイブはシルエットが小さくスレにくいので、最初はメタルバイブの早巻きから試したいですね。

 

シンキングミノーで表層早巻き

 フローティングでも構いませんが、ボイルを起こすような魚はデイゲームでルアーに遅い動きをさせていると簡単に見切りますし、スレやすいです。

 フローティングミノーの強みは『沈まず表層をゆっくり引ける』ことだと私は思っているので、表層を早巻きするのであれば、海面に飛び出しにくいシンキングミノーを使うべきだと思います。

 

ワームで表層ファスト&スロー

 ソフトルアーは柔らかく波動がナチュラルでスレにくいですし、スレた魚にもよく効きます。

 表層を早く巻いてみたり遅く巻いてみたり、反応に合わせて使ってみるのがいいですね。

 ただ、早巻きをすると変な動きになってしまうジグヘッドやワームも多いので、リーリング速度に適したワームを使いましょう。

 

メタルバイブレーションをボトムから早巻き

 シーバスでも青物でも真鯛でもボイルが起きている瞬間は確実に表層にいますが、食い上げて(ボイルが起きて)即ボトムまで戻る、こんな動きをしていることもあります。

 こうなると、バイトがないのはルアーを見切っているのではなく、『そもそも見えてない』という事になりますよね。

 表層を狙って食わないのであれば、一度ボトムまで落として早巻きで誘ってみてはどうでしょう。

 

メタルジグをボトムからワンピッチジャーク

 なにをしてもバイトが得られず、『シーバスではないのか?』と思った時に試したいことです。

 ショアジギングにおいては鉄板的な狙い方ですね。

 ボイルの正体が青物や真鯛であった場合はこれに反応してくることが多いです。

 

まとめ

  • ボイルが起きている時におすすめなルアーはメタルバイブ、シンキングミノー、ワーム、メタルジグ。
  • 表層を狙ってバイトが無ければ狙うレンジを変えてみる。
  • デイでもナイトでも場所によってはシーバスのボイルとは限らないのでショアジギング的な狙い方をしてみる。
  • なにをやってもダメなら帰るか、ボイルを気にせず釣りをする。 

f:id:flatflafla:20200707143540j:plain

シーバスではないのかと思ってジグを投げたら真鯛(漁港内)

f:id:flatflafla:20200707143630j:plain

シーバスだと思ってフローティングミノーでハマチ

 

 

 

 

fladama.info

 

fladama.info